忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年も残りわずかとなった。
年末まではぐずついた天気になるみたい。
年始は少し暖かくなってほしい。

雪のない山ろくをぶらぶら。
~今日の愉快~

未明はどんより曇り空、ときおり小雨がぱらつく。亀岡方面は薄い霧に包まれている。


ようやく明るくなった。ため池奥の静かな入り江に、山の姿がきれいに映る。


夜明け前、みるみる雲が流れて晴れ間が覗いた。


ヒメヤシャブシの果穂が揺れる。風があるのに気づく。


開けた野原。斜めの光が枯れた草穂を光らせる。


ヤシャブシの膨らんだ冬芽。葉や雌花序の冬芽も同じように太ってきた。


枯れた草にヘクソカズラが絡み付いている。金色の実もずいぶん色が褪せてきた。


何もない野にアキノキリンソウの穂だけがわさわさしている。近寄ってみるとなかなか面白い姿。


いつもの愛宕山。こちらも頂付近には雪が残っている。


暖かそうな藁葺き屋根の農家。八方に気ままに伸びた柿の枝ぶりが気持ち良い。


八朔だろうか。大きな木にたくさんなっている。


旬のフユイチゴの実。口に含むとすっぱさで体のだるさがほぐれる。


野草に覆われていた山道がすっきりとした。枯れたナギナタコウジュがかさこそと音を立てる。


いつの間にか曇り空に逆戻り。いよいよ暗くなって小雨が降ってきた。


 日陰の林には雪の名残が見られる。カワラタケと栗のイガと雪の組み合わせが妙。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]