忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GW最終日。
昨夕から降り続いた雨は朝方あがった。
しっとり、冷やっとした朝は気持ちがいい。

山野辺を散策。
~今日の愉快~

まだ雨の余韻が残っている。雨雲が名残惜しそうに山にかかる。


ひょろっと伸びたハルジオンが目につきだした。まだ巻き毛の花弁も愉快。


そろそろ終わりかけのセイヨウカラシナとトンボ。一晩ここで雨をしのいだのだろうか。


田植えの準備途中。赤いトラクターが朝の空気に浮かぶ。


村のお宮のサトザクラが散り始めた。雨上がりのサクラ色は妙に素敵。


田植え直後の田んぼ。雨上がりのお山を映す。


立派な山里の民家。イネの苗は弱々しい。


コメツブツメクサの大群落。黄緑色のじゅうたんが長々と続く。


梅の実がふくらんできた。青い実も雨とよく似合う。


林縁の薄暗がりでツクバネウツギが咲き出した。


ヤマグワ?だろうか。切れ込みの入ったいびつな葉が不思議。


ウワズミザクラの花の色が変わりだした。


ため池の周りの若葉。曇天だから出る色合いもある。


山中の小さな水たまりにもアメンボが集う。


この2~3mmほどのひょうきんな虫はなんという名前だろうか。


ヤマアカガエルの子供と出会う。じっとお行儀がいい。


水滴まみれのツツジ。森の中でここだけがひときわ華やか。


コナラの若木も一人前に鈴なりの花がついている。


なんの花だろうか。花びらの先につきでた雄花?が丸い水滴を抱える。


 出灰渓谷から見る久しぶりのポンポン山全景。
PR
夜明けが早くなった。
5時には色彩すらも十分に見分けられる。
今日も晴天。

ぴちぴちした川を遡行する。
~今日の愉快~

ヤマのツツジが咲き出した。つぼみから満開まで多様。早朝のツツジ色は青みが勝る。


ツタをまとう大きな木に朝日が差す。


光があたると川面が急に騒がしくなる。


ネコノメソウの仲間。


ササの葉の緑も輝く。


ヤマエンゴサクが別人のように美しい。


サンショウの若葉が伸びる。いい香り。


キランソウ。小さくても光をよく反射して眩しい。


今年もいつものヤマルリソウが満開。


クジャクシダの芽だし。くるくるの葉が面白い。


今日もモミジの緑が気持ちよい。


今年はじめて出会ったニホンアカガエル。長いこと水中にもぐっていられる。


山中の谷にも暖かい風が吹き抜ける。流れの水音が心地よい。


ヤマザクラが満開。昼近くの光はとても強い。


イチリンソウが咲き出した。花弁が水平になるまで開いている。


 ウリハダカエデの雄花序。光に透ける色形が面白い。
造幣局の桜の通り抜けが始まった。
街ではツバメの数が多くなり、
朝のさえずりがやかましいほど。
とうとうフジの花も咲き出した。

滝の谷を散歩。
~今日の愉快~ 

可憐なスズランスイセン。


ボケの花が満開。


ヤマザクラはまだ鑑賞できる。山里では八重のサクラが咲き出した。


朝からジンチョウゲの香りが漂う。


シャクナゲは満開を迎えようとしている。赤い色が強烈。


ワラビが開きだした。このぐるぐるに力が漲っている。


光に透ける森がおいでおいでしている。


アオキの小さな花も満開。


チャルメルソウがあっという間に大きくなった。愉快な花が咲いている。


谷のコクサギが緑色に染まりだした。小さな花も咲き出した。


ノリウツギのつぼみ。まだ堅そう。


サクラが終わると山は新緑のパッチワーウ。


ふと振り向くとヒトリシズカとご対面。


チドリノキの葉のライトグリーンが美しい。


ケムシくんとこんにちわ。


滝の水しぶきが冷たくて気持ちよさそう。
街の桜は花吹雪。
木の周りは薄ピンク色のじゅうたん。

山野辺で恒例のソロ花見。
~今日の愉快~

まだ丸い月。かすかなあかね空にぽっかり。


アケビの花が満開。


ヤマブキの黄色が目立ちだした。


ヤマモミジの赤いつぼみと薄緑色の若い葉っぱ。


アケビの雌花が光に透ける。


たぶんモモの花。今年こそは果実の時期をみてみたい。


風に揺れるヤナギの花。きれいなレモン色。


ジャケツイバラのつぼみと葉が大きくなってきた。


今日はやけにホトケノザが綺麗に見える。


フサスグリの群落は今年も健在。


ヤマザクラも満開。


ビワのつぼみが膨らんできた。


カエデの新緑が瑞々しい。


お山に生える大きな桜。遠くからでもよく目立つ。


 川が賑やかになってきた。今日も背中に背負った太陽が暑い。
晩春(旧暦)も残り半月、
今週は初夏の陽気が顔を出した。
快晴つづきで夏日になる日もあり、
街中ではツバメも飛びはじめた。

京都市の西方に位置する小塩山めぐり。
~今日の愉快~

明け方、東の空低く木星が明るく輝く。


日の出前。今日も快晴、暑くなりそう。


ハンノキの仲間。たくさんの花序が垂れ下る。


金蔵寺のサクラ。ちょうど満開を迎えたところ。


もうシャガが咲き出した。


イロハカエデの若葉。赤い芽鱗の残りが色を添える。


石段もうかうか歩けない。すきまから伸びるスミレ。


とうとうクモの巣が登場。クモの糸が顔にまとわりつ季節になった。


ウグイスカグラのピンク色が青空に似合う。


今年初めて出会ったシマヘビ。十分に体温があがっているのか動きは早い。


沢沿いではニリンソウが咲き出した。めしべが可愛らしい。


カンスゲの花が満開。少し触れるだけで大量の花粉が漂う。


日陰でひっそりと咲くミヤマカタバミ。


春の色に染まってゆく山。近くのヒノキ林では花粉で空が霞んでいる。


ツバキの花からいつまでも離れないアリ。なにしてるのかな。


日陰の沢沿いに生えるトウゴクサバノオ。


ムラサキケマンが晩春の風に揺れる。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]