忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この冬一番の寒気が流れ込んでくるらしい。
山は朝から低く暗い雲に覆われている。
風が強く雲の隙間からときおり青空がみえることも。

今年も残り2日。
年末のあわただしさで心が乱されるが、いっとき山に没頭する。

~今日の愉快~

黒い雲に隙間が開くと、わずかのあいだ朝焼けに染まった。
朝空に残る月も一瞬顔をだした。


山里の畑に黄色いものが見える。
まさかと思って近づくと、気の早い菜の花が咲いていた。
先日までのぽかぽか陽気のせいかな。


野辺にはえる赤い葉。
原色の少ない冬景色にあって赤色はとても新鮮にみえる。


びしょびしょの田んぼ。
昨日までの本格的な雨の名残り。


強風に揺れるエンコログサ。
薄茶色の穂が集まるとパッとして華やか。


ひっつくとやっかいなアメリカセンダングサ。
しばし手袋の掃除に集中することになった。


池の底に大量の枯葉が積もる。
休憩していたカモに気づかず、驚かせてしまった。


暗い森を歩いていると、さらに暗くなり牡丹雪が舞いだした。
大きなホオノキの葉の上に次々と雪が落ちる。


杉林のなかに開けた空間。
小さな広葉樹の枯葉が目立つ。


真冬に会えるとは思ってなかった。
クモの巣に残った雨の雫たち。


イバラの節々に水滴がついて光に輝く。
光があたるとあちこちの地面から水蒸気がほわほわと立ち上る。


北西から雪雲が次々に流れてくる。
亀岡盆地も明るくなったり暗くなったり。


愛宕山は雪雲の中。
おそらくちょっとした吹雪になっていると思う。


森に続く道。
風がさえぎられる谷は日が差すと穏やか。
太陽の高度が低く影が長く延びる。


山里に向かう道で出会ったヘクソカズラの実。
いつ見てもこの透明感ある色合いが愉快。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]