忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

大気はぐんぐん温まっている。
昨日は今年初の猛暑日、熱帯夜も7月は14日間と続伸中。
一方、暦は晩夏。
とうとう日の出の時間が5時台に戻った。
これから毎週5分ほどずつ遅くなる。
ときどき秋が感じられる。

たまには尾根歩き。
~今日の愉快~

山辺の草原でカヤの仲間が目につくようになった。
薄い白緑色の穂が朝の青っぽい空気の中に浮かぶ。
なんとなく愉しい風情がある。


倒木にぐちゃぐちゃと生えるキノコ。
整然としてないだけで痛んでいる様子はなく、
これはこれで新鮮に見える。


同じ倒木の反対側に育つカイガラタケ。
どうもこの倒木はキノコを生き生きとさせるみたい。


たしか日の出前はきれいな青空だった。
徐々に低い雲が押し寄せて、
山は霧に覆われる不思議な天気となった。
まるで日暮れのような空模様。


ときおり雲間から朝日が差す。
ササの葉の輝きがまぶしい。


明るいので薄い雲かと思ったが
しっかりと日を隠すほど厚い。
空の色と光の変化が雲間に見える。


そろそろ終わりかけのアカメガシワの花。
この時期は花が少なく、
ハチやアブが集まってブンブンとうるさい。


ぞくっとするようなナツツバキの落ち花。
静かな森のなかで一人幸せになる。


シキミの実が大きくなった。
ぴんととがった角が面白い。


オレンジ色のキノコ。
ちいさな体に似合わず、派手な姿をしている。


山中の森で出会ったトノサマガエル。
少し体が小さいのでジャンプ力はまだまだ。
ちょっとかけっこをして疲れたところでご対面。


山辺の草原にトンボの数が多くなった。
シオカラトンボは止まってくれるが、
オニヤンマは大きな体で空を飛び回る。


草むらを歩き回るツマグロヒョウモン。
何をしているのかな。


山に隣接する田んぼの脇で
チダケサシが薄い紅紫色の花を咲かせている。
青緑色の稲を背景にしてとてもきれい。


もう日は高くなったが
まだツユクサは生き生きとしている。
今日は青い色がとてもきれいに見える。


夏の黄色、ミヤコグサの花。
とてもまぶしくて見た目も暑い。
背中に日をしょっているからなおのこと。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]