忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

GW2日目は憲法記念日。
高気圧が去り前線が近づいてきた。
久々の曇り空で気が休まる。

新緑の谷をめぐる。
~今日の愉快~

山里の田に水が入った。田植えは今日か明日か。


最低気温は10度を下回る。今日も朝露がびっしょり。


ヤマフジの葉とつぼみが開きだした。とっても初々しい。


ツリバナの花が咲き出した。朝のうちは彩が浅くて目につきにくい。


フタバアオイの花が満開。こちらは覗きこまないとお目にかかれない。


ガマズミの仲間か?白いぼんぼりの小さな花が咲き出した。


一見なにがなんだかわからないイヌガヤの花。よく見てもやっぱりごちゃごちゃ。


イラクサだろうか葉が伸びだした。怪しく光るような緑色が妙。


アワフキムシの泡だろうか。、まわりを探してみるとあちこちに見つかる。


オニイタヤの大きな葉っぱ。もう葉が茂りきった木のしたは薄暗い。


チドリノキの雌花。この谷はチドリノキだらけだということに気がついた。


ヤブサンザシの花は終わり。ふくらんできた実がてかてかしている。


チドリノキの雄花。あまり近づきすぎないほうが趣を感じる。


初めて出会ったヤマシャクヤク。とても珍しい。


山中で見る若葉。いい色している。


ながながと体を伸ばすシマヘビ。この気温だとまだ寒いのだろうか。


里のキリは花が満開なのに山中のものはやっと若葉が開きだしたところ。


スノキの花。明るい黄緑色の葉もきれい。


尾根筋の若葉。白っぽい葉っぱは花が咲いているよう。


 森の緑が濃くなってきた。木陰がどんどん暗くなる。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]