忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

暦で春になったとたん大雨。
しかも梅雨のように長く降り続いた。
去年の2月は大雪だったが、今年は雨なんだろうか。

雨の中の山歩き。
~今日の愉快~

昨夜は本降り、夜が明けてもまだしとしと降り続く。雑木林の小川が音を立てて流れている。


今朝の気温は10℃だが、風が強くて体感温度は低い。幹全体が風に揺れる木。


ササがざわざわと風に揺れる。台風なみの強風で傘がさせない。


晴れる気配はない。京の街も低い雲に覆われて雨。


倒木の下はドライ。コケの白い針山が妙に目立つ。


なんの葉っぱか。黒紫色の地に赤紫色の葉脈が浮かび上がる。亀の甲羅みたい。


雨に濡れた美しい森。たっぷりと水分を含んだ落ち葉の地面はとてもよくすべる。


昨夜来の強風で山道には木の枝の落し物が多い。


雨天のなか、濡れた冬芽は赤色が増す。一段と活き活きしている感じ。


松の雫たち。普段は存在感のない松の葉っぱも今日は主役。


ときおり雨雲が山をかすめていく。霧の動きが早い。


沢は梅雨時の水量。轟々と音を立てて流る谷川。


梅のつぼみ。この前みたときより一回り膨らんだ。


ジンチョウゲのつぼみも膨らんできた。今度は春本番が待ち遠しい。


冠水した田んぼ、近くの畑も水浸し。それにしてもよく降る。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おぉ
なにかこう、冬の山の“動”とでも申せばよいのでせうか。そんなものを感じます。雲の中は気持ちが良いでしょうね。湿気はウィルスの繁殖を抑えるといいますが、その意味でも思いきり深呼吸ができるというか。
落葉は(種類にもよるのかもしれませんが)、雨に濡れると茶色の具合が鮮やかになり、きれいですよね。
節分を過ぎ、もう自然のそこここに春への衣替えを見受けられます。東京あたりだと、サクラの早咲き種などが、やはりつぼみを膨らませはじめています。
zzz 2009/02/04(Wed)07:00:18 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]