忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

高気圧が去り天気は下り坂。
久しぶりに谷を通して歩く。

~今日の愉快~

未明の山。もう少し晴れると思ったが低い雲が垂れ込めている。


ポンポン山頂上の日の出。風が強くて寒い。


つかの間の晴れ間。ぼおっとした光景が愉快。


山頂のアセビ。つぼみはまだまだ固い。


ヒノキの谷を下る。新しいイノシシの足跡が多い。


平らな石の上を流れる谷川。ぴちぴち飛び跳ねる水しぶきが気持ちいい。


源流からそれほど経ずにこれほどの水量になる。


ほとんど曇り。たまに雲間から日が差す。


大滝の黒光りする地肌。水量はまだ多い。


キヨスミイトゴケが谷風に揺れる。やっぱり寒い。


なかなか目が離せないコケ。


今日もおアカミゴケは元気。


 ざあざあ流れる滝の水も一瞬一瞬は水しぶきの塊。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
つねづね思うのは
「頂上の日の出」のやうに、朝日や夕日をバチッと写してみたいということです。
日本海側の地方で「夕日フォトコンテスト」なるものがありました(今もあるでしょうか)。もうずいぶん前に入賞作を拝見し、大賞はさすがなものでしたが、他の作品も美しく、その頃はデジタルカメラなど無かったですし、マイカメラを所有もしておらず、ただ「あぁきれいだなぁ」「よくこんなきれいに撮れるものだなぁと思っただけでした。
取扱説明書を読んだり、写真クラブに通ったりするのを億劫がる私は、つい最近、偶然「P」に設定して撮影すると太陽や、それを背景にたなびく雲を撮影できることに気付きました。
しかし「P」設定では、例えば「山頂の日の出」のやうな微妙な色彩の濃淡や、あの日見た数々の茜色を表現することは難しいようで、奥の深さを感じております。

「ヒノキの谷」にはイノシシの足跡とのことですが、あれというのはどうなんでしょうね。シチーボーイには分からないんですが、よくイノシシ鍋なんていいますけども、よくよく考えると仮に猟銃が上手で仕留める事が出来たとしても、あんな大きな動物をさばいて煮るなんて、包丁の技術もそうとうなものが要求されるのでしょうねぇ・・。アジやサンマならなんとかなりますけど。
それにしても澄んだ空気と木々と枯れ葉に覆われた土、そして葉の緑の和音が響いてくるような一枚です。

今回の一連で、ひときわ目をひくのがアカミゴケでしょうか。これまたかなり小さな生命のようですが、レンズやら脚立やら、どんな装備で歩き回られているのか、とてもキニナルんですけど、こんど是非、全身自画像などもアップのほどお願い申し上げたく存じます。
zzz 2009/02/18(Wed)12:47:45 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]