忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前夜の天気予報では遅霜に注意とのことだったが、
厚い雲がとれずに朝の気温は7度。

雨水がたまった田んぼで
ついにカエルが鳴き出した。

~今日の愉快~

日が昇るところだけぽっかり雲が切れた。朝焼けは久しぶり。


風が強くて寒い。花見日和というお天気解説は平地向け。


冬の間楽しませてくれたサルトリイバラの赤い実はどこにも見当たらない。新芽が大きくなってきた。


雨の名残り。きらきらと風に揺れる姿が面白い。


クロモジの花のつぼみと葉芽とたっぷりの水滴。


ヤブツバキの落花。濃い赤色に白と黄色のしべが鮮やか。


ウリハダカエデのつぼみが膨らんだ。遠くから見ると赤色の塊が目立つ。


ニワトコの花が咲いた。直径7mmほどの小さな花が集まってる。


イバラの仲間?赤っぽい枝に赤茶色の葉。


まだ硬くて小さいタラノメ。今年も順調に大きくなってる。


ピンクがかった赤いツバキ。花びらが綺麗。


ヒノキのつぼみ。このあたりはとても開花する気配がみえない。


昼近くになっても雲がとれない。太陽にカサがかかっている。


コゴミのつぼみ。日が差すと金色に光る。


 ミヤマカタバミの花が咲き出した。一つ見つけると次々に見つかる。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]