忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

朝からどんより曇り空。
今日は昼から雪の予報。
川の様子が気になって川歩き。

~今日の愉快~

ポンポン山の西を流れる出灰川上流。
日がほとんどあたらないため、川沿いには雪が残る。


このところ寒い日が続いたため、
水がはねるところではつららが成長してきた。


ぼんやりと川歩きしていると目の前に小鳥が現れた。
水浴びをしたあと、川沿いをピョンピョンと飛び跳ねる。
お互いに意識して緊張しながらも、なぜかゆったりとした時間がながれる。

雪が積もると落葉樹林の場所がよく分かる。
ポンポン山の北側は針葉樹と落葉樹が
良い塩梅に混ざり合っているみたい。


今日もサルトリイバラの大きな株にであった。
紅い実がたわわに実り、離れてみると葡萄のように見える。


大きな岩壁にはえるシダ類。
垂直以上の岩肌にどうして生えるのか不思議。


川歩きをしていると石の色が目につく。
これは赤が勝った石。
どうしてこのように赤くなるのか気になる。


黒い岩を背景にしたつらら。
見る角度によっては手の指みたい。


水面すれすれに生える葉っぱ。
ゆらゆら揺れる姿を見ていると頭の中が空白になる。


岩のくぼみに張った氷。
氷の成長度の差によってプリズム効果で虹色が見える。


コケを覆った雪はどんどん解け出している。
雪が水滴に変化する途中、寒さでまた凍りついた。


ヒカゲノカズラの雪も同様。
雪の姿はなくかき氷の塊みたいになっている。


蛇行する川と落葉樹の森。
暖かくなったら日向ぼっこするのによさそうな森。


昼近くになり予報どおり雪が降り出した。
足元にころがる鹿の糞が雪の結晶で飾られ甘納豆に見える。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]