忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

晩冬の終わりは大雪となった。
ポンポン山は白一色。
春の予感は微塵もない。

白い谷に向かう。

~今日の愉快~

昨晩から雪となり、今も降り続く。
赤松の樹皮の色がわずかにわかる。


アセビのつぼみが大きくなり目につくようになった。
2月末にはかわいらしい花が開きだす。


雪道を歩くと足がどんどん冷たくなる。
川の中のほうがよほど暖かい。
目の前で杉の木からどさっという感じで雪がおちてきた。


白化粧した木の姿が美しい。
白く覆われた道も踏み跡を残すのがもったいない。


雪がついた枝は大きく垂れ下がる。
山道はいつもより窮屈になっている。


沢の流れはいつもと変わりない。
ただ周囲が白いのと、水に映る山陰が白いだけ。


谷は一面雪に覆われてどこも同じように見える。
雪がキュッキュッとなる音が愉しい。


ボタンヅルも雪に覆われて垂れ下がる。
綿毛の白さは雪のほうが勝っている。


レモンエゴマの枯草。
ここまで枯れると雪だってへっちゃら。


鹿の足跡がくっきりと残っている。
一頭だけで寂しくないのかな。


雪はいつまでも降り続く。
止むような気配はない。
そろそろ雪にも飽きてきた。




谷の上流。
雪はどんどん深くなるばかり。
そろそろ手足がしびれてきた。


力強い杉の木。
ここまで腰ができていれば雪で折れることもなさそう。


きれいな冬芽。
この小さな枝にこの雪はつらくないのかな。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]