忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

山間部の明け方は寒い。
未明から微かな風が吹いており霧はない。

紅葉の様子を見るため出灰川の上流を遡行する。
思った以上の寒く、震えの止まらない半日となった。

~今日の愉快~

葉が散って実が目立つ木。
わずかに残った黄色い葉がさみしげ。


ツツジの葉まで紅い。
これも紅葉しているうちにはいるのだろうか。
触るとふわふわした産毛が気持ちよい。


アザミもそろそろ元気がなくなってきた。
長い茎も地面に倒れてきている。
青紫の花が朝の光の少ない山中に浮かび上がる。


ちいさな河原いっぱいに生えた枯草の色。
ついこの間まで緑色の葉を茂らせていたのがうそのよう。
赤紫色の群落がなぜか愉しい。


川の中にたたずむ岩の上の様子。
さまざまなコケ類が共生している。
細かな露がびっしり。


流れがゆるやかな川面をゆっくりゆっくりと流れる枯葉。
時間が止まってしまったみたい。


ゆったりとした水面に映し出される山の風景。
ふとした拍子に水面が乱れると写像もぼわんと揺れる。


川の上空を黄葉が覆う。
上を見ると光にあふれる景色なのに、
水面は黒い鏡。


石の階段を流れ落ちる水。
光る水面の間から水中の様子が垣間見える。
もう水は驚くほど冷たい。


コケの陰影。
差し込む光の角度もずいぶん低くなった。


凍える谷を離れて尾根に這い上がる。
黄葉の輝きがまぶしい。
照り返しで松の幹まで明るい。


木漏れ日に浮かびあがる黄葉。
自然が作る黄色いグラデーションが愉しい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]