忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今週も暖かい日が多く、冬らしい寒さはおあずけ。

今日も未明から山歩き。
めずらしく猪と2回も遭遇し、お互いにびっくり。
狩が解禁になったことと関係あるのかも。

~今日の愉快~

お月さんが朝まで残る月の後半。
このあいだ満月だったのに早くも下弦の月。
まだ半月にはなりきっておらずふっくらしている。


岩を落ちる小さな滝。
この滝をみるにはちょうど良い暗さ。
水は冷たくて目が覚める。


ホオノキの葉っぱはすっかり散ってしまった。
すっきりとした木立にカエデの紅葉が色を添える。


川にも落ち葉が降り積もっている。
渦を巻く流れにのって、落ち葉がくるくる回り続ける。


ようやく日差しにめぐり合える。
谷の日当たりはずいぶん制限されるようになった。
やっぱり冬の谷は冷える。


紅葉の時期をすぎ、そろそろ赤茶色の枯葉に変わってきた。
風が吹くとパラパラと雨のような音を立てて枯葉が乱舞する。
面白くて風が吹くのを心待ちにする。


レモンエゴマのドライグラス。
朝日に輝く姿はいつみても新鮮。
シャリシャリという音も気持がいい。


虫食いだらけでもちゃんと紅葉する。
どこか気をひかれる葉っぱ。


谷が狭くなったところに大量の落ち葉が溜まる。
ちいさな落ち葉のダムができて川も堰き止められている。


ちょうど日が差してなだらかな滝を明るく照らし出した。
黒い水面に映る滝の輝きが美しい。
ここにも落ち葉がいっぱい。


川幅が広がりのんびりとした流れになったところ。
落ち葉にせき止められて、細い流れが右に左に蛇行する。
明るい葉っぱの色で水までもほんわか温かそうにみえる。


赤茶色に燃える谷沿いの斜面。
愉しい季節であることを実感する。


まぶしい黄葉。
葉脈がきれいに浮き出て面白い。
ぼちぼち茶色が混ざり枯葉らしくなる。


すっかり明るくなった広葉樹の森。
地面は足首が隠れるほど落ち葉の山。
落ち葉を踏み分ける足音がうるさく感じる。


カエデの森も落ち葉だらけ。
一つとして同じ色のない木の葉の海。
尾根筋は風が強く、葉の散り方も早いみたい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]