忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ようやく冬らしい寒さになった。
今朝はよく冷え込み低山でさえ氷点下の気温。
冷蔵庫の中を歩いているようで寒さが身にしみる。

~今日の愉快~

ひとときの朝焼け。
冷たい空に暖かみが徐々に加わる。


木立の屋根がない地面は冷凍庫と同じ。
紅い葉っぱに塩粒のような霜がつく。


色とりどりの葉っぱが霜でデコレーションされていた。
吐く息も白く地面についた手が冷たい。


いつも通っている出灰川の渓谷。
朝の太陽がだいぶん南西に偏ってきた。
光が当たると水蒸気が音もなく舞い上がる。


葉っぱにたくさんついた雫が宝石のように輝く。
ちょっと触れるだけでポロっと落ちてしまう。


一滴の雫。
太陽が閉じ込められたみたい。


ヨウシュヤマゴボウの黒紫の実。
気がつくと霜に覆われた姿が消えていた。


亀岡盆地の見事な雲海。
高山にいるような錯覚をしてしまう。


雲海とススキ。
低山ならではの雰囲気がでている。
コップの中のドライアイスのように刻々と変化する雲が面白い。


早咲きのツツジ。
通りすぎるだけの人間には寒さしか感じられない。
一日ここにいれば暖かさがわかるようになるかも。


ふと空を見上げると下弦の月が青空に浮かんでいた。
日中に見る月はぼうっとして気分がほぐれる。


ホオノキの枯葉。
光をあびて金色に輝いていた。


森の中を流れる小さな川。
新鮮な落ち葉が重なってイキイキした感じ。


季節外れの花がまだ残っていた。
強くなってきた風にふらふらと揺れ続ける。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
素敵な写真ですね。
すごく素敵な写真の数々に魅入ってしまいました。
どんな風に撮影したらこんな素敵に撮れるのでしょう・・・まだまだカメラを使いこなせていない上に自分の技術の足りなさを痛感しているこの頃です。
しずか URL 2007/12/07(Fri)17:53:05 編集
綺麗
色とりどりの葉っぱが霜でデコレーションされていた。
の写真が気に入りました

人間が入り込まない空間には、美しさの宝庫なんでしょうねー
とく URL 2007/12/08(Sat)21:12:15 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]