忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

週末の勤労感謝の日のおかげで1週間が短く感じる。
週初に冷え込んだが暖かい日が多かった。

予報は晴れなのに山では未明に雨が降ったようす。
冷たく湿っぽい空気はおいしい。

~今日の愉快~

さまざまな紅葉の面白い組み合わせ。
自然の造詣は人知を超える。
雨あがりならではの色合いもいい感じ。


気づいたら紅葉に誘われて今日もまた川歩き。
先週、寒さで震えていたのももはや懐かしい。
場違いの赤い大きな岩と黄葉がとても目立つ。


川面も河原も色づいた落ち葉に覆われた。
落ち葉の間をゆったりと水が流れる。
すぐ身近にありながら誰も見ることのない自然の姿。


水面を覆う落ち葉・・・
黄や紅や茶など色とりどり。
波打つ水の表面もまた楽しい。


水底に沈んだモミジの葉。
紅から黄の変化、葉柄の赤紫。
水の中とは思えぬ美しさ。


川の中の水溜り。
そよとも揺れぬ水面が空の景色をきれいに映し出す。
今日は雲ときどき晴れの空模様かな。


上流に向かって大きな角を曲がると別世界が開けた。
川を覆う大小の木の紅葉・黄葉、川岸を覆う落ち葉。
余所見ばかりしていると足元が危うくなる。


川を離れて急斜面をよじ登る。
道なき道を歩んでいくと、かつての山仕事の道に遭遇。
尾根の上で振り返ると対する斜面が燃えていた。
雲が通り過ぎると光が変化して不思議な光景が現れる。


樹間から金毘羅山が見える。
手頃な木があったのでよじ登って全景を眺める。
薄雲が広がって光が柔らかい。


尾根道を外れて急斜面を谷へ転げ落ちる。
どこにたどり着くのかと不安に感じていると見覚えのある景色にであう。
大きな三段の滝は水量が少なくちょっと寂しげ。


滝の下のまあるいプール。
光を反射して広い水面が輝き存在を強調している。
谷を吹き降ろす風が冷たい。


大岩をうがつ段々の滝。
こちらも水量は少なめながら、水の流れ目はとてもきれい。
いまはどの滝も落ち葉がアクセントになってる。


川辺に還ってきたら見事な黄色と紅色がお出迎え。
明るさがまし色彩も一段と鮮やか。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]