忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

初冬に入っても寒さはまださき。
明け方の雨で少し湿った感じ。
天気予報ではにわか雨があるかもとのこと。

傘をもって紅葉めぐり。

~今日の愉快~

山道を少しはずれるとチカラシバの群落に出会えた。
雨の気配は葉っぱに残ったわずかばかりの水滴だけ。
まだ日の出前で明るさがなく、ぼわっとした感じ。


明るい林のごてごてとした樹。
近寄るとたくさんのシダやコケが着生していた。


林の眺め。
時折、薄い霧が流れていく。
木々の間から黄葉がちらほらとのぞく姿が印象的。


山にゆったりとした谷に分け入る。
葉がかなり落ちて森が明るくなっている。
黒い木の幹や枝のアクセントが美しい。


やや色の濃いカワラタケ。
渋みがあって森の景色によく似合っている。


キュウと鳴いて存在がわかったカエル。
なぜか左目は赤い。
まだ冬眠はしないのかと声をかけたくなる。


山すそを巡り、別の森へ。
一面キノコに覆われつつある木とであう。
白い樹皮に肌色のキノコがとてもよく目立つ。


森のなかで鮮やかに色づいた木。
橙色から紅色まで自然の色の采配が見事。


うっすらと落ち葉に覆われる山道。
少なくとも今日はまだ踏み跡のないバージンロード。
曇天ゆえのぼおっとした明るさが妙に合う。


ササの道。
夏には色あせたササも色を取り戻している。
カサカサ、サワサワという音が心地よい。


杉だらけの谷を下る。
谷底では林間から黄葉が見え隠れする。
色の変わりようがなんともいえず愉しい。


杉林の終わり。
林の外はまぶしいほど明るい。
おや、ポツリポツリと雨が落ちだした。


雨が急に強く降りだした。
杖代わりの傘がようやく出番。
雨に濡れて山すその草木の色が一段と鮮やかになる。


少し離れた山肌がぼんやりと雨に煙る。
雨の中で見る紅葉の山景色はどこか懐かしい感じがする。


山の彩り。
雨で色合いが美しい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
美しい・・・
すみません、あまりの美しさに見入ってしまいました!

ちと今日は落ち込んでいたのですが、ちょうど聴いていたピアノの曲とぴったりで、いい時間を過ごさせていただきました。

美しい写真をありがとうございます!
また楽しみに訪問させていただきます^^
アマ公 2007/11/16(Fri)00:41:13 編集
凄い!!
写真の撮り方が凄いうまいですね!
かえる君の写真はとっても気に入りました!
(目が赤いのはホントになぜだ!!)
KIZUMAN 2007/11/16(Fri)05:29:08 編集
ステキです
はじめまして^^
写真から愛情が伝わるようなステキなお写真の
数々、またじっくりと拝見させていただきたいです。
また寄らせていただきます^^

ちぃ URL 2007/11/17(Sat)08:23:08 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
秋の極上満喫企画
絶好の秋晴れの下 軽く汗を流すハイキングに心地よい疲労感 3時から入る露天風呂にフロ上りの生ビール ほかに何が必要か? もちろん黒豆えだまめは注文済みである。 若者よ書を捨てよ、山へ行こう! 10月10日(水) 快晴 2ヶ月ぶりにポンポン山に行ってきました。 さすがに夏とは違ってグッと気温は下がり、涼しく心地よい山歩きとなりました。 紅葉にはまだまだの感がありましたが、道にはドングリが落ち、ススキが風に揺れ、 着実に秋の気配...
URL 2007/11/17(Sat)23:20:35
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]