忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨夜は初冬の満月。
透明な冬空で光る月はまぶしいくらい輝いていた。

今朝はよく晴れて、山間部は冷え込んだ。
久しぶりに小塩山を中心に半日の山旅。

~今日の愉快~

朝からすっきりと晴れて気持が良い。
ススキの穂がくるくる巻いて面白い姿を見せる。


山の紅葉も朝日にあたると一段ときれい。
おじぎしたススキも紅葉を背景すると雰囲気が変わる。


たわわになった赤い実。
光に透けた緑の葉っぱとよく似合う。
この冬いっぱい残っているだろうか。


思ったとおり亀岡盆地は濃い霧のなか。
低い山々が海に浮かぶ島のように見える。
いつかあの霧のなかを歩いてみたい。


小塩山のある尾根の風景。
適度な間隔で雑木が生え心地よい空間になっている。
積もった落ち葉を踏む感触やカサカサという音が愉しい。


朝日を受けて茎まで光るススキ。
茎の途中から伸びたヒゲが白く輝く。


山頂の淳和天皇陵。
いつもどおりの静けさが最高のご馳走。
のんびりじっくりと堪能する。


ムラサキシキブ。
枯れた葉の間から紫色の実がのぞく。
ぴちぴちした実とちりちりに枯れた葉が対照的。


金蔵寺の本堂の大屋根。
黒々とした屋根をはさんで紅と黄が見栄えを競い合う。


火焔のような紅葉。
まさに旬。


本堂の軒と紅葉。
本当にきれいですねえ。


普段の金蔵寺はお参りに訪れる人も少ない静かなお寺。
今日は観光地のお寺みたいに賑わっており落ち着かない。
ナンテンの大きな実が紅葉を背景に輝いていた。


足早に山を降り杉林の端を流れる小川で小休止。
太陽が反射して面に顔を出したスギの葉をきれいな宝石に変えた。


イチョウの木が葉を落としはじめた。
素敵な黄色の葉のうえで露の水滴が光っている。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]