忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

月の出が朝になり三日月がどんどん細くなると、暦月の終わりを知る。
初冬もこの土日で終わり。来週からは中冬に入る。
紅葉も見ごろは終わり、枯葉が山を賑わせている。

~今日の愉快~

久しぶりに朝から尾根歩き。
尾根の広場でみかけた黒い実。
昨夜の雨のあとを残している。


落ち葉に覆われた尾根道。
葉のなくなった梢と落ち葉で妙に明るい。


すっきりとした上空。
枝の伸び具合を愉しむ季節になった。


見晴らしのよい中腹の景色。
まだ残る枯葉が山を賑やかに飾っている。


落葉した森の谷間。
鹿がヒンと一声鳴いて、ザッザッと飛ぶように逃げていく。
見通しが良いので姿がよく見える。


落ち葉と入れ替わるように冬芽が大きくなってきた。
名残惜しそうについている枯葉はいつ落ちるのだろうか。


赤黒い実がぽつんと残る。
鳥の好物ではないのかな。
冬芽も同色でなかなかおしゃれ。


小さて丸い紅色の葉っぱ。
これは近々枯葉になるもの?
それとも新しくでてきた葉か。


小さな谷にマツカゼソウが群生していた。
茎も実もすべてがか細い。


一条の光に一本の木が照らし出された。
暗い谷間の森で偶然であった光景。


雲間から光が漏れた。
森ではツタが黄金色に輝く。


ヤブサンザシの実がしわしわになってきた。
この実と一冬お付き合いすることになる。


ヒヨドリジョウゴはもう終わりかけ。
枝全体が萎れて地面に倒れる寸前。
たわわになった実に雨の雫がぶら下がる。


谷の最後の黄葉。
ここだけ一段と明るい。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
Witch digital camera make pictures?


Win F1 ticet for Monaco grandpics!
http://forceindiaf1.freeblog.hu/
pajaro URL 2007/12/12(Wed)16:49:14 編集
無題
いつもありがとうございます。
家にいながらにして、行った気分。
森の中にいる気分です。
大感謝です♪
絢美 URL 2007/12/12(Wed)21:05:38 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]