忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

宵の雨は日の出とともに降り止んだ。
地面から湧きあがる水蒸気が
身近な風景を別世界のように見せる。

今日は(旧暦)端午の節句。
本来の雨の鯉のぼりを思いながら里山あるき。
~今日の愉快~

里の道端のドクダミが花咲り。
雨の景色によく似合う。


雨上がり直後の緑はとても青々としている。
立ち上る水蒸気とあいまって、
里近くの芥川がとても新鮮にみえる。


採石場近くから山に入る。
思わぬところに小さな池があった。
こんなところだからかモリアオガエルの卵が多い。


金毘羅山とポンポン山がつくる大きな渓谷。
山から水蒸気が湧きあがり、
風にあおられて様々に形を変える。


ウツギの花が旬。
出会う白い花はいずれもウツギという状態。
雨上がりは虫が少ないみたい。


雨後のキノコ。
カサカサに乾いたものより、
ぬめっとしたカサの様子が面白い。


もう一雨あるかと思っていたが
雲間から日が差すようになってきた。
光を浴びると沢がイキイキしてくる。


今年はじめてお目にかかるヒキガエル。
ヤマアカガエルと違って少しメタボ気味。
そのあたりに愛嬌があって面白い。


暗い森を経てようやく本山寺に到着。
鐘撞堂の屋根がいい感じ。


本山寺道をくだる。
しっとりした森の道を歩くのは愉しい。
赤い地面に緑がよく似合っている。


直径5mmほどの小さな花。
山道が白くなるほど
花びらが落ちているところもある。


山の宝石の一つ。
なんでもないアセビの実も
よくみると美しく可愛らしい。


田植え直後の原地区の風景。
田んぼが多く残っているのがわかる。


杉林のシダがとてもきれい。
なんともいえぬ緑色が広がり、
しばしみとれてしまう。


道標。
じっくりみるとこの石の色合いも
なかなか趣があっていい感じ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]