忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

九州南部と四国が梅雨入りした。
雨を降らせる前線が日本南岸にのびており
ここ近畿もあと一週間ぐらいで梅雨入りしそう。

今日は雨が降ったり止んだり。
釈迦岳近辺の尾根を中心にぶらぶら。
~今日の愉快~

日の出の時間になっても森の中はまっくら。
黒くて厚い雨雲が広がっている。
こんな日和でもシダの葉を覗き込むとふんわりとした気持になる。


森と森の間のちょっとした草原では
タンナサワフタギの花が満開になっている。
ちいさなムシも雨宿りか。


サワフタギの葉を食い荒らすシロシタホタルガの幼虫。
成虫はシックな装いなのに
こちらは雨天にぴったりの見栄え。


緑色の宝石。
アセビの果実ががたわわに実ってきた。
実と一体になった長い花柱が面白い。


暗くて厚い雲もよくみると濃淡がある。
上空からは雲に覆われ、
森からはときおり霧が湧きあがる。


ホオノキの幼木があちこちに見られる。
てっぺんの小さな赤い葉っぱが鮮やか。
近づいて見るとどきっとするくらいきれい。


草原の谷。
霧が湧き立ち流れていく。
また霧に覆われて緑が白っぽくなる。


森の中はいつまでも薄暗い。
霧に包まれると近くの景色も
遠方にあるように錯覚してしまう。



コケの森。
雨が降るとコケがイキイキとして
見ているだけで愉快になる。


コケの世界から草木の世界へ。
ふと横を見るとイバラのトゲが目に留まる。
ピンク色のトゲが可愛らしい。


ぴちぴちしたまん丸のサルトリイバラの実。
まるで赤ちゃんのような色、艶、形、しっとり感。
みているだけで幸せになってくる。


ヤマウルシの花が開きだした。
雨天のぼんやりした光にマッチして
とてもきれいに見える。


金色の産毛に覆われたできたての葉っぱ。
雨なんてへっちゃら、
どんな水滴でも弾き飛ばしてしまう。


雨の中でも忙しく動き回るクモ。
クモの巣にたくさんの水滴がついてしまった。
こんな派手な網に獲物はかかるのかな。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]