忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

土曜日の昼前から降り出した雨は
一昼夜にわたってしっかりと降り続いた。
おかげで山はびしょびしょ。
沢は増水し山道も川となっている。

雨の降る音、風の騒ぐ音、沢の水音、鳥のさえずり、
普段以上にいろんな音であふれているが
雨がすべてを吸収して山はとても静かに感じる。

~今日の愉快~

ユキノシタが咲き出した。
大きな白い花弁が1つのものばかり。
不思議に思ってよく見ると雨水でくっついているだけでした。


里の人家のモミジ。
赤茶色の若葉が目を引く。
水滴をいっぱいつけて愉しそう。


今が旬のタニウツギ。
多くはないがちらほら見かける。
ツツジのピンク色よりも少し濃いのが目印。


びしょぬれのコゴメウツギ。
晴天時よりこのほうが風情がある。
花よりも水滴のほうが重たそう。


沢の端のシダの群落。
薄紅色から緑まで色とりどり。
増水した沢の水音が谷いっぱいに響いている。


ニガイチゴの花のあと。
つんととがった薄っすら赤いお山が面白い。


シシガシラの胞子葉。
まるで赤い骨みたい。
はたまた足がのびたムカデのようか。


開けた斜面の源流部。
こんなところからちょろちょろと水が流れる。
水玉をつけた藺の姿が面白い。


鼻の長いへんなムシ。
雨を避けて休憩中?
もう少し葉っぱの影に隠れたほうがいいんじゃないかな。


ついにコアジサイノ季節がやってきた。
花の白、しべの青、茎の薄紫。
この組み合わせが愉快でたまらない。


エンジュが大きくなって目立ちだした。
山ではいまが満開の時期。
今年は平地の花は嵐のためとても短命だった。


ツクバネウツギも旬。
小さな花があっち向いたりこっち向いたり。
柔らかなピンク色がかったオレンジ色が素敵。


いよいよヤブツバキの花が終わりかけ。
木に咲く花も、落ちた花も見かけることが少なくなった。
たまに出会うととても懐かしい感じ。


その傍らでツバキの実が膨らんでいる。
まだ花の名残をつけた青い実。
あの雫はいつ落ちるかしら。


アブラムシとアリの共生?
三匹のアリがいったりきたり、
かいがいしくお世話をしているみたい。


昼前になってようやく雨があがってきた。
きっかり丸一日降り続いた。
雨上がりの京の街が見渡せるようになった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]