忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日の出が4時台になった。
どんどん目覚めが早くなり
冬よりも睡眠不足になりそう。

いつもの谷へ。
~今日の愉快~

ポンポン山頂上ちかくのウラジロノキの花。
もう満開を過ぎたころで少しオシベが変色してきた。
今朝は雲が多い。
雲と霞で遠景はぼんやり。


葉が生い茂って藪山歩きは大変になってきた。
ツクバネウツギの白い花が緑の斜面で目につく。
いまから満開を迎えるところ。


谷を下る。
今週前半の雨で沢の水は豊富。
光が差すところでは水色が面白い。


カワラタケも瑞々しい。
よくみると縞色も多彩。
青っぽい縞模様がおしゃれ。


コケの斜面ではヒメレンゲが満開。
どこに隠れていたのか
足の踏み場もないほど生い茂っていて愉快。


コケの庭園の一角。
縁が赤い小さな葉っぱが伸びだした。
なんという名なんだろうか。


クモの巣が多くなった。
山を歩くとクモの糸が顔にまとわりつく。
鬱陶しい季節に入った。


いつもの滝の上部。
岩場を流れる水が緑を映す。
光が強ければ強いほど緑の影も濃くなる。


ヤブデマリの花の列。
クマバチが忙しそうに飛び回る。
顔にまとわりつく虫も多くなってきた。


小さな白いはな。
名前がでてきそうででてこない。
この時期はこの手の花が多いように感じる。


沢の落ち込みに差す光。
強烈な光と微かな木漏れ日がゆっくりと移動する。
時を忘れる光景。


小さな小さな白い花。
ヤマルリソウに似ているが花色は白。
木陰で人知れず咲いている。


ひさしぶりに出会ったカタツムリ。
ずいぶん大きな個体。
どこにいくのかな。


滝。
真横斜め上からだと普段と違う景色となる。
ここでも時間がとまる。


白くてもこもこした夏雲。
空だけ見るともう夏。


今年のシランが咲き出した。
このピンク色はなかなか強烈。
ツツジとはまた違った見ごたえがある。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]