忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2週続けて雨の日曜日。
昨日の昼から降り出した雨は
今日になってますます強くなってきた。

雨の山をゆったりと散策。
~今日の愉快~

雨天のコケは瑞々しい。
ちょうど傘が開きだしたキノコも
コケと競うようにイキイキしている。


どこにでもある葉っぱが雨によって
ドキッとするような姿に変身する。
深い紅色と緑の組み合わせも愉快。


赤い枝の赤い葉が背伸びをしている。
この大雨も若い葉っぱには恵みの雨かもしれない。


葉っぱのうえで遊んでいるカマキリの子供。
雨宿りをしているのかと思ったら、
葉の影に隠れるわけでもなく行ったり来たり。


葉の間にくちゃくちゃとできたクモの巣。
こんなクモの巣でも雨の日は水滴のギャラリーになる。
観客は雨の散歩人だけ。


いつものサルトリイバラの実。
雨と相性の良いサルトリイバラは
いつも期待以上の姿を見せてくれる。


倒木に生える黄色い菌類。
柔らかさと硬さがちょうどよく
触るとぷにゅぷにゅしていて気持ちいい。


落葉広葉樹に照葉樹、ところどころ赤松が生える尾根道。
谷を吹き上がる霧がときおり通り過ぎて白いベールがかかる。
雨に濡れた樹肌が黒光りして存在感をしめしている。


広い谷の最上部。
真っ白な霧の濃淡と流れを楽しむ。
突然、霧がどんどん薄くなり
京都の街がぽっかり顔をだした。


山道の平らなところにできた水たまり。
雨音が止み鳥の鳴き声で静けさを実感する。
実は豪雨の前触れだった。


捨てられたぼろぼろのほだ木に
見事なしいたけができていた。


さらにぐずぐずになったほだ木には
赤いキノコが大発生中。
暗い森にオレンジ色がよく映える。


山中のドクダミの花も満開。
覗き込んでみると思わぬ姿に夢中になる。


里の人家のツツジ。
たくさんの白い花が元気よく咲いている。
見ているだけで雨天のうっとおしさが吹き飛ぶ。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]