忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一夜あけたら銀世界。
今年は本当に雪がよく降る。
大阪ではたまにしか降らないから珍しいのに、
これだけ続くとすこしうんざりする。

ずいぶんご無沙汰している川久保渓谷をぶらぶら。

~今日の愉快~

天気はめまぐるしく変わる。
晴れていたと思ったら真っ黒になって吹雪いたり。
予想どおり山は雪で真っ白け。


オーバーハングした谷の出会い。
つららが針のように覆いかぶさる。


すでに10~15cm程度の積雪。
雪に埋まりながら歩くと足が凍る。
川のなかがとても暖かく感じる。


川の流れはいつもと変わらない。
雪に吸収されるのか、水音は柔らかい。


この渓谷でお気に入りの赤い石。
雪がしぶきを浴びて氷に変身中。


1.5mほどの段差の滝。
目の高さで水の流れを見るのは面白くて見飽きない。


やけに明るいモミの樹。
雪の反射でレントゲン写真のように内部がよく見える。


ついさっきまで吹雪いていたのにスカッと晴れた。
杉林の峯の一部だけがきれいに輝いた。


杉林の落雪嵐のあと。
上部で杉の枝から落ちた雪が次々に連鎖して、
雪嵐となって襲ってきた。
全身真っ白になってしまった。


晴れると気持が一気に明るくなる。
落葉樹の林をうろうろして気分転換をはかる。


ヘクソカズラ。
吸い寄せられるように白くないものへ向かってします。



新しくて立派な橋と古くて危なっかしい橋。
大阪府は財政難のはずなのに、毎年山をいじり続けている。
もう自然のままの良い谷がなくなってきた。


スキー場のように開けた谷。
膝下まで積もった雪に、きれいな風紋が刻印されている。


また吹雪いてきた。
林道の切りとおしで粘土層が露出している。
白い世界になかで、色とりどりの粘土が目を引く。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
初秋の川久保渓谷
川久保渓谷を歩きました。町はまだ残暑でしたが、谷沿いの道は涼しい風が吹き渡っていました。集落のはずれの道端で蝶が迎えてくれました。渓流に沿った山間の道端などに特に多いダイミョウセセリという蝶です。撮 影 日  2008年9月6日撮影 場所  川久保(地図)投 稿 
URL 2008/09/08(Mon)08:26:14
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]