忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ようやく気温が平年並みに戻ってきた。

山の里は田植えの準備。
田に水をはり代かきまで。
カエルの鳴声が急にやかましくなった。
GW後半にはいっせいに田植えが始まる。

~今日の愉快~

晴れ間の多い曇り空。
昨日よりも暖かく気温は10度以上。
ほんのり朝焼けが見られた。


シャガが花盛り。
日向から日陰まであちこちで咲いているので
とても花期が長いように見える。
つぼみも元気いっぱい。


木々の梢はどこもかしこも新しい葉が広がりだした。
若々しい葉はいろんな色をしていて面白い。
暫くすると似たような緑一色になる。


サルトリイバラの花にも個体差があるみたい。
これは赤っぽい色をした花。
ほかに緑かかった黄色の花もよく見かける。


朝の空気も昨日に比べるとかなりぼんやりとしてきた。
杉の平坦な緑のなかに広葉樹のもこもこした新緑が浮き上がる。


コバノミツバツツジに朝日があたる。
緑の影のなかにピンク色の光が輝きだす。
朝の気持のよいひととき。


コナラの若葉。
白緑色の毛並みは柔らかくて気持がいい。
すこしヒンヤリしている感じ。


ウリハダカエデの葉も大きくなってきた。
上のほうの葉には花序も伸びている。
こっちも優しい手触り。


初春の頃は丸坊主だったのに、
ちょびちょびと葉が伸びだしたイヌシデ。


モミの木の若葉。
細長い葉っぱなのに、
思った以上に光をよく反射する。


ここでもミヤマシキミが満開。
真上から見るとおしべが突き出して
面白い顔立ちをしている。


晴れると太陽に光が強烈にふりそそぐ。
もう紫外線の量は夏の8割くらい。
もう夏の空のよう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]