忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

早朝の山道を歩き始めたとたん雨。
中秋の名月はどうなることか。

尾根沿いの展望ルートをぶらぶら。
~今日の愉快~

谷底に紅い柱がつったっている。
近づいてみるとマルミノヤマゴボウでした。
びっしりと隙間なく咲いた紅い花が面白い。


ツル性の植物の白い花。
なんという名前だろうか。
葉っぱだけみるとキイチゴ属にそっくり。


ふわふわの綿毛。
やや赤茶っぽくて小さめでかわいらしい。
雨はとっくに止んで傘がわずらわしい。


ススキが大きくなってきた。
朝の空に背伸びするススキは心地よい。
雲の隙間が広がって日が差し出した。


小塩山の頂は雲に覆われている。
その上空はきれいに晴れた。
ただ高層にはさらに雲が広がり不思議な天気。


林縁で咲くツルアジサイ。
下から覗き込むと愉しい光景がみえる。


見慣れたツユクサ。
いつまで見られるか気になった。
青い花びらが美しい。


うす茶色のカマキリ。
獲物を追ってる最中に割り込んだ。
なんだという目でにらまれる。


朝の雨はなんだったのだろうか。
用のない傘はとても重く感じる。
たなびく雲だけみると秋っぽいが蒸し暑い。


アケボノソウの季節が訪れた。
湿ったところが好きだろうと思っていたが、
山の斜面にも群生している。


これは一面ススキの原。
そのごく一部だけ花が咲いている。
太陽がまぶしくて暑い。


異様に太いキノコ。
おそらく巨大になると思われる。
いまはまだユーモラス。


ひょんと伸びたキノコ。
仰ぎ見るキノコはいずれも美しい。


若い杉林を歩く。
上空から日が差して明るくなる。


中秋の名月。
なんとかうす雲を通してみることができた。
明日はまた雨。満月は望み薄。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
中秋の名月
 中秋の名月を自宅の2階から撮りました。お月見の日には、おだんごやお餅(中国では月餅)、ススキ、サトイモなどをお供えします。この季節に中国へ行った時はどこでも月餅が売られていました。撮 影 日  2008年9月14日撮影 場所  真上町投 稿 者  Sera ↓ラン
URL 2008/09/16(Tue)00:21:06
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]