忍者ブログ
ようこそポンポン山の森へ。    ポンポン山とは・・・大阪と京都にまたがる標高679mのなだらかな低山。大阪からは北摂山系、京都からは西山と して知られる。 都に近い里山として、信仰の場として、人との関わりは昔から続いてきた。まだ再生可能な程度に自然が残り、日本鹿や猪・小動物の影は濃く、植物の種類もままある。    この日記は・・・一年を通じポンポン山地域を放浪し、猪鹿鳥の目線で自然と戯れ愉しむ。その妙の一端を歳時記に綴る。着飾らない自然をご覧あれ。気になる写真と出会ったら感想もご自由に。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8月晦日。
旧暦では今日から葉月、中秋にはいる。
昨日の涼しさがうそのよう、
朝から湿った暑さを感じる。

ポンポン山の前衛、黒柄岳を散歩。
~今日の愉快~

山の端っこのため池。
まだ稲刈りが終わってないのに、
池の水を抜いている最中。
わずかに残った湖面が朝の空をきれいに映す。


未明はもう少し雲が多かった。
朝の訪れとともに雲がどんどん薄くなる。
雨の装備をしてきたのは無駄になりそうな感じ。


朝の静かな樫船神社。
この一角だけ昨日の雨の痕跡が濃く残っている。
もみじの葉が緑色から黄色に変わりだした。


山のクリ。野生の実は小ぶり。
とげとげは大分硬くなって、
握るとちくちく刺さるようになってきた。


林道脇はメマツヨイグサの花園。
長い背丈に似合わない小さな花。
そよ風でゆらゆらと揺れ続ける。


ママコノシリヌグイが咲き出した。
小さな花だが色形とも美しい。
夢中になって時が経つのを忘れる。


道端からにょきにょき成長中のキリ。
大きな葉っぱを下から覗き込むと、
愉快な姿と出会えた。


この林道沿いはヤマハギ天国。
花の盛りは過ぎつつあり、
地面に赤紫色の花びらが散っている。


小さな小さなスズメノヒエの花。
ブラシ状の花柱や白い花糸の雄しべが不思議。
ほんのかすかな風でも敏感に反応する。


枯れ木に生える色鮮やかなキノコ。
オレンジ色のやわらかな曲線が心地よい。


NTTのアンテナが目印の黒柄岳。
金比羅山と同様、離れたところから眺めるのが良い。


ノリウツギの花がまだ咲いていた。
すっかり晴れた空から強烈な光が降り注ぐ。
気温は急上昇中、汗が吹き出る。


強烈な光はナツハゼの実も浮かび上がらせた。
緑の葉も光に透けて様々な色をみせる。


つたの葉っぱ。
薄紅色の葉が輝いて惹きつけられる。


 白くて丸いふわふわしたキノコ。
光を反射してまぶしい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
都会の喧騒を逃れ、里山の秋を楽しむ!
樫田地区は豊かな自然が残る里山です。秋本番の1日、都会の喧騒を逃れて、里山の歴史、民俗行事や自然を楽しんできました。 天皇が、その年の新穀を伊勢神宮に奉納する祭、神嘗祭(かんなめさい)の時季(17日)なので、各集落では秋祭りがおこなわれていました。(写真は
URL 2008/11/09(Sun)08:15:09
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/02 さとういちご]
[07/21 massy]
[05/25 zzz]
[08/08 MARIKO]
[06/07 徳本義治]
最新記事
(07/05)
(07/01)
(06/07)
(06/06)
(05/31)
プロフィール
HN:
漂泊の民
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]